カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 


太平洋にのぞむ青森県南部の中心都市・八戸市。
大規模な港が広がる街並みの川沿いに 【陸奥八仙 (むつはっせん)】 の蔵があります。

初代は明治時代に八戸市へ移住。「駒井酒造店」として蔵を構えました。
しかし大戦下の「企業整備令」により近隣16蔵と統合・長く不遇の時代を迎えます。

戦後も長く合併企業は続きますが、そこに疑問を感じたのは駒井酒造店の7代目。
「このままではいけない。品質重視の酒を造るべきだ。」と考え、独立を決意します。

しかし蔵はすでに合併企業の名義となっており、独立した事で自らの蔵と住居、そして酒造免許までも失う事に。

そこで目を付けたのが、近くにある休業中の酒蔵。
この蔵こそが「旧・八戸酒造」で、その設備を買い取って製造免許を取得します。

2003年には現在の八戸酒造(株)が誕生します。
その時期に誕生した新たなブランドが 【陸奥八仙】 です。

2009年には元の蔵(旧・駒井酒造店)と自宅が、無事に返還されました。
そこから2年をかけて現在の蔵(旧・駒井酒造店)へ引っ越し、現在に至ります。

数々の大きな苦難を乗り越え、【陸奥八仙】はいまや青森を代表する銘柄となりました。
全国でも限られた酒販店のみが取り扱う限定流通品です。

兄の専務・駒井秀介氏が蔵の顏となり、弟の常務・伸介氏が製造・営業で支えます。
その想いを「酒」で表現するのは、若き南部杜氏の伊藤賢一氏です。

【陸奥八仙】は、親しみやすい華やかさ・お米の旨みを感じさせる味わいです。

そのキュートで軽やかな甘み・水の柔らかさが活きた優しさをぜひご堪能下さい。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜21件 (全21件)

1件〜21件 (全21件)

ページトップへ